顆粒球吸着療法を受ける
患者さんへ
監修:東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター長 鈴木 康夫先生
ここでは、患者さんやご家族の方が顆粒球吸着療法についての正しい知識の習得と理解を深めていただくために、詳しくご紹介いたします。

監修:東邦大学医療センター佐倉病院 IBDセンター長 鈴木 康夫先生

治療の流れ

1
治療時間は90分程度ですので、事前にお手洗いを済ませてください。
2
血圧測定などを行い、体調をチェックします。
3
両腕の血管(腕に太い血管がないときは足の付け根の血管など)に注射針を刺します。
4
片方の腕から、ポンプにより30mL/分で体外へ連続的に血液を取り出し、反対の腕へ戻します。
血液を固まりにくくするお薬を使用し、約60分間循環させます。
5
回路内のすべての血液を体内に戻し、抜針・止血し終了となります。
6
治療後は、しばらく安静にしてください。

治療スケジュール

顆粒球吸着療法は、下記のように行われます。外来、入院のどちらでも受けられます。

潰瘍性大腸炎患者さん

重症および難治性
一連の治療につき10回まで保険適用
劇症
一連の治療につき11回まで保険適用

クローン病患者さん

大腸の病変に起因する明らかな臨床症状が残る中等症から重症
一連の治療につき10回まで保険適用