潰瘍性大腸炎の情報ひろば
監修:杏林大学医学部 消化器内科学 教授 久松理一 先生

監修:杏林大学医学部 消化器内科学 教授 久松理一 先生

どんな治療をするの?

潰瘍性大腸炎の治療には「寛解導入療法」と「寛解維持療法」の2つがあります。
寛解導入療法は活動期に臨床症状や炎症を抑える治療法です。主に薬物療法や血球成分除去療法を行います。
次に落ち着いた状態をできるだけ長く持続させるために「寛解維持療法」が行われます。こちらは薬物療法が中心です。

劇症の場合や内科的治療でコントロールできない場合は外科的手術(全大腸摘出術)を行う場合もあります。また、大腸癌を合併した場合も手術適応です。

薬物療法

潰瘍性大腸炎の治療に使われる薬剤は下記のような種類があります。

  • 5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤

    活動期の症状改善と寛解を維持するために使われます。
    剤形:経口剤、注腸剤、坐剤

  • 副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)

    活動期の症状を改善するために使われます。
    剤形:経口剤、注射剤、注腸剤、坐剤、注腸フォーム剤

  • 免疫調節薬

    活動期の症状改善と寛解を維持するために使われます。
    剤形:経口剤、注射剤

  • 生物学的製剤

    活動期の症状改善と寛解を維持するために使われます。
    剤形:注射剤(点滴投与または自己注射)

  • JAK(ジャック)阻害薬

    活動期の症状改善と寛解を維持するために使われます。
    剤形:経口剤

血球成分除去療法

血液を一旦、体外に連続的に取り出し、白血球の中の特に炎症に関与している顆粒球などを選択的に除去するカラムとよばれる医療機器に通し、その後血液を体内に戻す治療法です。 活動期の症状を改善するために行われます。

外科治療(手術)

以下のような場合には外科治療(手術)の適応を検討します。

  • 絶対的手術適応・・・緊急手術が必要となります

    • 大腸穿孔や、大腸からの大量出血をみとめた
    • 重症、劇症で強力な内科的治療を行ってもよくならない
    • 大腸癌を合併した
    • 中毒性巨大結腸症を合併した
  • 相対的手術適応・・・タイミングを見て手術を検討します

    • 頻回に入退院を繰り返して通常の生活を送ることが困難
    • 副作用のため内科的治療が続けられない
    • 皮膚などの腸以外の合併症が内科的治療でよくならない
  • 絶対的手術適応・・・緊急手術が必要となります

    肛門機能を温存し、炎症が起きている大腸を全て取り、小腸で便を溜めておく袋(パウチ)を作る術式が一般的です。これにより肛門からの自然な排便が可能となり 、 多くの方は永久人工肛門なることはありません。

  • ※図はJ型回腸嚢
    このほか回腸人工肛門造設術、結腸全摘・回腸直腸吻合術などがあります。

    一目でわかるIBD 炎症性腸疾患を診察されている先生方へ
    (厚生労働省「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」鈴木班)より抜粋

    これらの術式を、開腹手術 (お腹を縦に切って開ける方法)で行いますが、最近では、傷口が小さく、術後の回復が早い腹腔鏡下手術で行う場合もあります。